安波茶南進中の海兵隊 (浦添市安波茶3)                2010年11月撮影
   
この写真は海兵隊が5月12日に撮影したもので、「第1大隊A中隊の増援に向かうB中隊」との記述がある。 ただ撮影場所も連隊名も付されておらず、この撮影日と海兵隊ということから撮影場所を探すことになった。 5月12日の海兵隊は第1海兵師団隷下の第1海兵連隊・第5海兵連隊・第7海兵連隊が沢岻高地を攻撃中で、第6海兵師団隷下の第4海兵連隊・第22海兵連隊・第29海兵連隊が西海岸の安謝川付近を攻撃中であった。 このことから写真のような高地は、第1海兵師団の攻撃地帯であると思われた。 次に第1大隊B中隊が増援に向かうということから、この日に第1大隊A中隊が前線にいる部隊を捜した。その結果、A中隊が前線にいるのは第7海兵連隊であることがわかった。当日のA中隊の位置は、現在の「沢岻小学校」であって、その位置は写真からすると、一番右の兵士のいる頭上にある稜線上であった。 写真にあるB中隊が向かう先とも一致することから、この撮影場所は安波茶であることが判明した。
 撮影場所はほぼ同じ位置であるが、兵士の歩いている場所から撮影すると、家屋や植生で視界が利かないことから、そのすぐ近くにあるマンションの最上階から撮影した。 遠方右側に見える高地が「沢岻高地」である。 この地区は地形が急峻であり、住宅の建築は地形的に制限を受けるため、比較的戦時の地形が残されている場所となっている。