安謝地区ブタノール工場への進撃 (那覇市安謝)              2009年11月撮影
 
写真は米第22海兵連隊第1大隊とあることから、1945年5月10日の撮影である。 前日偵察部隊が安謝川を渡河しているが、主力戦闘部隊が渡河したのは5月10日となる。 米軍は前日から、破壊された安謝橋に新たに橋を渡し、10日日の出とともに歩兵及び支援戦車等を渡河させる予定であったが、5時30分頃に日本兵2名によって橋は爆破された。 そのため歩兵は徒歩で安謝川を渡り、支援部隊は再度の架橋後に前進を開始することとなった。 写真中央奥には安謝橋が見えているが、これを境界として手前を第1大隊、向こう側を第3大隊が攻撃前進している。 小銃を手にする兵士たちの目標は安謝川右岸にあるブタノール工場で、その場所まではあと100m程度である。
 撮影場所はほぼ同じであると思われるが、周囲は商業地かされ大型スーパーや家電量販店が建ち並び、当時の面影をまったくとどめていない。