阿嘉島上陸海岸 (座間味村阿嘉島阿嘉)                   2006年11月撮影

 昭和20年3月26日午前8時4分にアメリカ陸軍第77師団第305歩兵連隊第3大隊が阿嘉島に上陸を開始したことにより沖縄戦が開始された。阿嘉島には海上挺進第2戦隊第2中隊・第3中隊が配備されていたが、上陸前にすでに大半の舟艇が破壊されており、さらに時機を失して出撃は出来なかった(一部出撃)。米軍の上陸時には両中隊とも島の東部にあった舟艇壕付近に集結をしたため、実質上この海岸でアメリカ軍の上陸を阻止する戦闘は実施されていない。写真を見る限り、すでに後続に上陸場所を示す布板(中央左)などが設定されていることから第2波以降の上陸であると思われ、日本軍の抵抗がほとんどないことから米兵にも安堵の雰囲気が見受けられる。
 現在の写真には右奥に慶留間島に渡る橋が架けられてはいるが、戦時の様相はほとんど変化していない。美しい海に囲まれた島は本土資本のリゾート施設の建設や土地の販売を制限しているために、現在も穏やかな島の景観が残されている。