阿嘉島阿嘉集落東側 (座間味村阿嘉島)                2006年11月撮影

  昭和20年3月26日の米陸軍第77師団第305歩兵連隊第3大隊の一部が阿嘉集落の東側に上陸した際の写真である。記録では米軍の勢力が「一部」とだけしか記載されておらず実際の勢力は不明であるが、日本軍側の記録に米軍が迫撃砲陣地を構築したという記述があることから、迫撃砲小隊を増強した1個歩兵小隊規模の上陸であったと推定される。この地区には日本軍の海上挺進第2戦隊第2中隊が配備され、舟艇壕は写真の左右山裾に構築されていた。しかしながら第2中隊は激しい米軍の砲撃に一歩も外へ出ることが出来ず、終日壕内に待機したままであった。夜間に米軍の戦線を突破して指揮所のある野田山に合流しているが、米軍の上陸に際してはほとんど抵抗は出来ず、米軍もほぼ無傷での上陸であったと思われる。米軍の部隊規模から推察して上陸はおそらく1波で実施されたものと思われる。写真はその時の撮影であろうが、無抵抗とはいえやはり緊張感が感じられる一枚である。
  撮影ポイントは右の写真中央奥の土砂を積み重ねた場所付近であろうが、その上から撮影すると戦時の写真のような稜線の形が見えないので、敢えて撮影位置を後方に下げて撮影している。尚、今回の撮影ポイントから10mくらい後方に海岸線がある。