阿嘉島上陸海岸での星条旗掲揚 (座間味村阿嘉島阿嘉)               2006年11月撮影

 昭和20年3月26日、上陸第1日目にして阿嘉島に星条旗が掲げられた。日本軍の海上挺進第2戦隊はこの日のうちに島内中央部の野田山に後退しており、この日の夜から27日朝にかけ米軍に対して夜襲を企てる以外に対処の術はなかった。主力兵器が重機関銃2丁のため、野田山付近から上陸海岸に対して効果的な射撃も不可能だったであろうから、米軍もほぼ無防備な状況で星条旗の掲揚を実施している。
  この写真については多くの文献で「座間味島」とされている。そのため、座間味島からこの場所を特定しようと考え、地形的な特徴から「湾」になっている場所を探し出そうとした。そのため撮影ポイントの特定に時間を要してしまった。実際は阿嘉島の上陸海岸(阿嘉集落正面)であり、対岸に映る山は慶留間島であった。