阿嘉島 阿嘉集落(座間味村阿嘉島阿嘉)                     2006年11月撮影

 阿嘉島の主力上陸海岸沿いの阿嘉集落に進入した米軍で、撮影日は昭和20年3月26日となっている。すでにジープの揚陸も終了している状況から考えて、上陸時間(8時4分)から時間が経過したものであると思われる。背後遠方の稜線は日本軍が「松山」と称した海岸近くの丘であり、記録では米軍はこの丘まで進出している。
 場所の特定には時間を要したが、地元の戦争体験者であるご老人から「当時茅葺き屋根の家や小屋は、集落の西側にしかなかった」という証言を頂いたために、集落西側を中心に探し歩いた。この場所を撮影ポイントとしたのは、背景の稜線の形状が同じであること、家屋の背後に森があり形状も同じであったためである。戦時下の写真を見ると右下に瓦屋根が写っていることや、ジープが上から撮影されていることからおそらく生け垣などに登って撮影したものだと思われる。また戦時下の写真では左の住居が一段高くなっているように見えるのも、現在の写真と一致する。したがって、現在の写真はジープの位置付近に立っているものと考えている。