阿嘉島上陸海岸 上陸状況(座間味村阿嘉島)                 2006年11月撮影

               
 昭和20年3月26日、米軍の阿嘉島上陸時の写真である。撮影場所は阿嘉島そのものからのものであり、手前に既に上陸を果たした兵士が見えることから、第2波以降の上陸だと思われる。写真の右に阿嘉集落があり、上陸用装軌艇(水陸両用戦車)がその海岸に向かっていることがわかる。
  上陸用装軌艇は米軍の上陸時に至るところで見ることが出来る。沖縄では改良の加えられたVT−A型が使用され、このタイプはそれまでの教訓を生かして、海岸の沖合にある珊瑚礁(リーフ)を乗り越えて進撃できるように開発されたものであった。主要装備は75ミリ榴弾砲であり戦車の主砲には劣るものの、日本軍の速射砲(対戦車火器)でなければ撃破出来なかった。そのため本来の戦車ではないにもかかわらず、日本軍の間では「戦車」として呼称されて記録されることも多かった。この阿嘉島においても日本軍の記録に「戦車が上陸してきた」とあるがその正体はこの上陸用装軌艇であった。
  現在上陸海岸は東側の3分の1程度が埋め立てられ、フェリーターミナルや港湾施設となっているが、上陸時の面影は尚も濃く残されている。