天久台から泊海岸線を見る (那覇市上之屋)                    2009年11月撮影

 天久台頂上部から見た一連の写真のうちの一枚であろうと思われる。おそらく同日に撮影されたものであろうが、写真を見る限り戦闘の場面を見ることは出来ない。 天久台と那覇市街地の間には安里川が流れており、その河口は写真のように遠浅の泥濘地であって戦車の渡河は出来ない状態であった。それゆえに現在の国道58号線 (「泊高橋北側地区1」参照) 付近に米軍の戦闘力が集中したのである。
対岸は那覇市であり、この後に第6海兵師団が安里川を渡河して進撃するのであるが、この天久台頂上部は砲兵の支援射撃を行うのに絶好の観測点であったと思われる。