比謝北橋1 (中頭郡読谷村大湾)                      2007年11月撮影

 比謝川に架かる比謝橋・比謝北橋は米軍上陸の4月1日に確保された。この橋の上流にある橋は日本軍の後退に伴って数多くが爆破されたが、現国道58号線にかかるこの2本の橋は爆破されることなく米軍の手に堕ちた。米軍はこの橋の確保直後からその修復と道路の拡張に着手し、6月に撮影した写真 (「比謝橋」参照) では、当時の写真の右にもう一本道路を建設している。後に国道58号線となるこの「ルート1」はその後の米軍の進撃に伴う補給幹線となり、作戦の進展に大きく寄与することになった。
 この比謝北橋は、当時は石造りのアーチ橋であったが、現在ではコンクリート橋となり片道2車線道路の中で目立たない存在となっている。尚、この橋の数十m南(手前)には「比謝橋」があり、こちらも石橋からコンクリート橋となった。