慶留間島の上陸部隊 (座間味村慶留間島)                   2006年11月撮影

                       
  昭和20年3月26日午前8時25分、米陸軍第77師団第306歩兵連隊第1大隊が慶留間島に上陸を開始。日本軍は海上挺進第2戦隊第1中隊基幹が配備されているだけであったため、ほとんど抵抗を受けることなく上陸に成功している。この写真にある神社は上陸海岸から約250m離れた場所にあり、実際に徒歩であれば5分程度で到着できる。当時抵抗は少なかったとはいえ、警戒を実施しつつ前進するためにその何倍も時間を要したであろうが、いづれにしても上陸からそう時間が経過しているとは思われない。兵士の影から判断しても朝方であることは間違いない。米軍は上陸後概ね二手に分かれ、一方は島の中央部の山岳地域を目指し、もう一方は海岸線をこの神社の方へ進撃した。この場所は東海岸線を見通す為には格好の場所であったのかもしれない。ただし現在この場所に立ってみると樹木が多くて遠望は効かない。
  この写真については多くの資料で「渡嘉敷島」との説明がなされているが、見てわかるとおり間違いなく「慶留間島」である。付け加えるならば、この写真は構図などがあまりに整っている感があり、日本軍の抵抗が少なく緊張感が解けた際にカメラマンの注文に応じて撮影されたもののような気がしてならない。