城岳攻撃(35高地) (那覇市松尾2丁目)                    2007年11月撮影

 5月29日に第6海兵師団第22海兵連隊第1大隊が県庁付近を確保、その日のうちに城岳前面に進撃した。そして第29海兵連隊第1大隊とともに県庁から南東へ約500mの城岳35高地(米軍名テレグラムヒル)の攻撃に移行した。この城岳は電信塔がある高台で、那覇市全域や進撃方向の南東部に対して良好な視界を有していた。日本軍は那覇市内では有効な抵抗はできなかったが、特設第6連隊がこの城岳を占領して30日まで海兵隊の進撃を阻止した。
 当時の写真の場所は県立第2中学校裏 (現在の那覇高校) から現在の松尾公園にあった「大和墓」付近から城岳(写真の左端に見える円形の丘)を攻撃しているものである。資料では6月1日の撮影とされているが、1日には戦線は識名高地付近にまで南東進しており、したがって撮影日は5月29日または30日となる。この大和墓は那覇高校の北側では住宅地となり全く姿を消しているが、松尾公園のみが当時の地形形状を残している。
 当時の写真にうっすらと写っている鉄塔の位置や城岳の位置・形状からこの写真の撮影場所を現在の松尾公園としたが、鉄塔の細部位置が不明確なため、全く同じ撮影ポイントとは言い難く、さらに全般的な状況を撮影するために稜線上に出て撮影した。現在の写真では同じく左端に少しだけ城岳が見えている。