外地島 上陸海岸 (座間味村外地島)                      2006年11月撮影

                              
 外地島には昭和20年3月26日午前9時21分に米陸軍第77師団第306歩兵連隊第2大隊が上陸した。阿嘉島・慶留間島には日本軍海上挺進第2戦隊が配置されていたが、この外地島には日本軍は配備されておらず軍関連の施設もなかった。そのため日本軍の抵抗は一切なく、戦時下の写真を見ても集結する米兵の姿に戦闘の影はない。この場所から約400mの場所に慶留間島の上陸海岸があり、8時25分に第1大隊が小さな抵抗を受けながらも上陸を果たしていたため、日本軍の抵抗もこの外地島には全く向けられなかったものと思われる。
 この撮影ポイントの近くには「沖縄戦において星条旗が最も早く掲揚された場所」という記念碑が建てられている。阿嘉島・慶留間島にも星条旗が掲揚されたのだが、やはり日本軍の抵抗が全くなかったこの島が最初の場所となっている。この上陸海岸は当時の景観と全く変化していないが、写真に写っていない沖合に堤防が構築されていることだけが唯一の変化であった。