2007年2月22日からのアクセス数  Counter
  沖縄戦場          激戦地の変貌を写真で探る 「戦闘戦史」                              
 トップページ | リンクについて メール                             
更新情報  最終更新日2013年6月17日  (「恩納村旧仲泊橋」 を追加)
        * 2013年掲載分には全てをつけています)
● 沖縄戦没将兵のご遺族の方へ
「沖縄戦場」 (おきなわせんじょう) の目的
 沖縄戦が終結してから60年以上が過ぎようとしています。 この間のめざましい発展と開発によって沖縄は凄まじい速度でその姿を変えつつありますが、この土地のどこかで多くの沖縄県民と日米双方の将兵が血を流したことは決して忘れてはならないことだと思います。「沖縄戦場」では米軍が戦中戦後に撮影した写真を出来るだけ同じ撮影場所から同じアングルで撮影して、戦場の変遷を記録することを目的としています。
沖縄戦の戦闘を詳しく知るための「沖縄戦史」 (おきなわせんし) −公刊戦史を地図と写真で探る戦闘戦史− 
日米両軍の公刊戦史から 「戦闘場面」 に焦点をあてて戦闘の推移や実相を探ります。また戦闘の記録を後世に残すべく変わりゆく戦場の姿を写真
として残すことを目的としています。  右のバナーからお入り下さい。→
       
「沖縄戦場」 (おきなわせんじょう) の注意点
 1 一部は地元住民の方々の証言に基づく記述のために公式の見解や公刊戦史の記述内容とは異なる点があります。
  2 公共施設・私有地などからの撮影については全て申請・依頼のうえ許可・承諾を得て撮影したものです。
  3 掲載写真中、現在の写真については無断使用を堅く禁じます

 4 地区区分については筆者の考えによる区分方法であり、公式の地区区分とは異なります。
 沖縄本島北部地区 (上陸海岸嘉手納地区以北)  沖縄本島中部地区 (嘉手納地区〜那覇・与那原地区)
   辺土地区米軍駐留地  (国頭郡国頭村辺土)  北中城村・中城村・北谷町・宜野湾市・西原町
2  国頭村での武装解除式 1 島袋地区へ向かう避難民 (北中城村端慶覧)
3  海軍第27魚雷艇降伏式前の会合 2 上陸初日北谷南進中
4  海軍第27魚雷艇隊降伏式  (名護市我部祖河) 3 中城城址の米軍司令部 (中城村泊) 
5  古宇利島から収容所へ(国頭郡今帰仁村古宇利)  4 161.8高地から日本軍主陣地を望む (中城村北上原) 
6  川上収容所 5  155高地から見たスカイラインリッジ攻撃(中城村伊集)
7  仲尾次集落を通過する米軍 6 宮城地区(ホワイトビーチ)からの帰還 (北谷町宮城)
8  本部半島湧川地区を前進する米軍 7 中城教育会館 (宜野湾市普天間1丁目)
9  呉我地区の偵察   8 中城教育会館2 (宜野湾市普天間1丁目)
10  運天港  (国頭郡今帰仁村上運天) 9 軽便鉄道大山駅 (宜野湾市大山3丁目)
11 今帰仁村大井川橋 10 西原高地への前進 (宜野湾市真栄原1丁目)
12 本部飛行場  (国頭郡本部町豊原) 11 嘉数高地を北東から見る (宜野湾市嘉数) 08年 
13 八重岳攻撃中の第29海兵連隊第3大隊(本部町健堅) 12 嘉数渓谷(比屋良川) (宜野湾市嘉数) 08年
14 名護地区米軍砲兵陣地  13 嘉数鞍部の混戦 (宜野湾市嘉数) 08年
15 名護市北部病院 14 嘉数ポケット (宜野湾市嘉数) 08年 
16 停止する海兵隊車両部隊 15 142高地(米軍呼称名「Rocky Crags」) (西原町千原)
17 海岸線を疾走する海兵隊兵員輸送車1 16 142高地西側斜面の戦闘 (西原町千原) 08年
18 海岸線を疾走する海兵隊兵員輸送車2        17 棚原高地 (西原町棚原) 08年 
19 安富祖地区を北上中の海兵隊 18 西原町一帯及び運玉森 (西原町呉屋)
20 恩納村万座毛 (国頭郡恩納村恩納)           19 戦場となった西原町 (撮影: 那覇市首里鳥堀町)
21 恩納村旧仲泊橋            20
22 第4遊撃隊爆破橋梁 (国頭郡恩納村恩納)                 浦添市
23 国道58号線恩納付近 (国頭郡恩納村山田)                    1 牧港1 (撮影: 宜野湾市宇地泊) 
24 長浜地区県道6号線 (中頭郡読谷村長浜) 2 牧港2 (撮影: 宜野湾市宇地泊)
25 渡慶次小学校 (中頭郡読谷村瀬名波)         3 牧港渡河 (撮影: 宜野湾市宇地泊)
26  屋嘉収容所(国頭郡金武町屋嘉) 4 牧港旧道橋 (牧港4丁目)
27 石川収容所 (うるま市石川2丁目) 5 前田高地 (浦添市当山)
28 うるま市石川と石川岳 (うるま市伊波) 6 前田高地北側斜面 (浦添市前田)
29 石川米軍軍政本部 (うるま市東恩納) 7 前田地区の戦闘 (浦添市前田 前田小学校)
30 宇堅橋1 (うるま市宇堅) 8 浦添小学校 (浦添市仲間2丁目)
31 宇堅橋2 (うるま市宇堅) 9 安波茶ポケット (浦添市経塚・沢岻)
32 宇堅橋3   (うるま市宇堅)  10 安波茶ポケットの砲撃 (浦添市経塚・沢岻)
33 高江洲歯科医院 (うるま市喜屋武) 11 安波茶ポケットの日本軍掃討 (浦添市経塚・沢岻)
34 平良川集落 (うるま市喜屋武) 12 安波茶南進中の海兵隊1
35 アラカキ自転車 (うるま市喜屋武) 08年 13 安波茶米軍砲兵陣地
36 宮里空襲 (うるま市宮里) 14 宮城からの戦車進撃
37 勝連半島監視哨(具志川市川田) 15 丘を下りて前線へ
38 北(読谷)飛行場での義烈空挺隊惨状 16 宮城地区の丘陵を下る
39 北(読谷)飛行場飛行本部 08年 17 狭隘地を南進する戦車
40 北(読谷)飛行場の米軍 08年 18 雨の日の前線
41 北(読谷)飛行場を進撃中の水陸両用戦車 19 伊祖地区の進撃 
42 忠魂碑 20 内間付近から首里方向を見る (浦添市内間3丁目)
43 比謝集落の索敵 08年 21 城間地区アイテムポケット周辺 (浦添市城間・港川)
44 古堅集落の進撃 08年 22 城間地区を前進する米軍部隊 (浦添市城間) 
45 比謝北橋1 (中頭郡読谷村大湾)   23 50m閉鎖曲線高地(米軍名「Hill60」) (浦添市宮城6) 
46 比謝北橋2 (中頭郡読谷村大湾) 08年  24 小湾地区の掃討 (浦添市勢理客4丁目) 
47 比謝北橋3 (中頭郡読谷村大湾) 08年 25  小湾渡河1
48 グリーンビーチ揚陸状況1 26 小湾渡河2
49 グリーンビーチ揚陸状況2 27 小湾渡河3
50 グリーンビーチ揚陸状況3   28 カーバンクヒル
51 イエロービーチ (中頭郡読谷村渡具知) 08年 29
52 嘉手納海岸比謝川河口 (中頭郡読谷村渡具知)  那覇市郊外地区
53 嘉手納海岸比謝川河口2 (中頭郡嘉手納町水釜) 1 安謝地区ブタノール工場 (撮影;浦添市勢理客2丁目)
54 比謝橋 (中頭郡嘉手納町嘉手納)   安謝川河口米軍渡河地点 (撮影:同上1丁目)
55  比謝橋2 (中頭郡嘉手納町嘉手納) 3 安謝7574高地 (那覇市安謝)
56  4 安謝アルファ高地 (那覇市安謝)  
57 5 安謝地区ブタノール工場への進撃 (那覇市安謝) 
 沖縄本島南部地区 (那覇〜与那原地区以南) 6 安謝川渡河の事前偵察 (那覇市安謝) 
1  崎原灯台  (那覇市鏡水那覇航空交通管制部敷地内) 7 米軍の戦場整理状況 (那覇市安謝)
2  小禄 海兵隊上陸海岸  (那覇市鏡水)  8 天久台から東方面を見る (那覇市上之屋)
3  小禄 海軍司令部74高地  (豊見城市我那覇)   9 天久台から那覇市を見る (那覇市上之屋天久緑地)
4  小禄 最後の掃討  (那覇市小禄1丁目) 10 天久台から見た泊地区の戦闘 (那覇市上之屋)
5  小禄地区 赤土山 (那覇市田原2丁目) 11 天久台から泊海岸線を望む (那覇市上之屋)
6  赤嶺陣地(米軍呼称Hill62)  12 泊高橋北側地区1 (那覇市泊2丁目)
7  小禄具志地区の避難民1 13 泊高橋北側地区2 (那覇市泊3丁目)
8  小禄具志地区の避難民2 14 国道58号線泊高橋付近の戦闘 (那覇市泊2丁目)
9  小禄宮城地区 米軍の突撃 15 国道58号線泊高橋付近の戦闘2 (那覇市泊2丁目)
10 糸満市白銀堂  (糸満市糸満) 16 泊高橋 (那覇市泊2丁目)
11 日本兵の掃討 (糸満市兼城) 08年 17 泊小学校裏手から那覇市を見る (那覇市上之屋1丁目)
12  国吉地区の避難民 18 泊小学校西側地区 (那覇市泊2丁目)
13  バックナー中将の最後の写真 19 泊小学校入口 (那覇市泊2丁目)
14  真栄平 6月18日  20 安里52高地1 (米軍名シュガーローフ) (おもろまち1)
15   福地飛行場  (糸満市福地) 21 安里52高地2 (米軍名シュガーローフ) (おもろまち1)
16   富盛の石彫大獅子  (島尻郡八重瀬町富盛) 22 安里52高地3 (米軍名シュガーローフ) (おもろまち1)
17   八重瀬岳  (島尻郡八重瀬町富盛) 23 安里52高地4 (米軍名シュガーローフ) (おもろまち4)
18   八重瀬岳への進撃経路 (八重瀬町富盛) 08年 24 真嘉比南側高地(クレセントヒル)から北を見る 
19   与座西側稜線の戦闘  (糸満市与座) 25 真嘉比南側高地(クレセトヒル)の戦闘(那覇市真嘉比)
20  与座化学工場 26 真嘉比南側高地を西側から見る (那覇市真嘉比)
21  真壁地区の戦車戦闘 (糸満市真壁) 08年 27 
22  漂着遺体 28
23    那覇市市街地区
24 1 安里川渡河点 (那覇市前島2丁目)
 島嶼地区 (沖縄本島以外の島) 2 安里川沿い パトロールからの帰隊 (那覇市前島2丁目)
 渡嘉敷島 (渡嘉敷村)   3 波之上宮1 (那覇市若狭1丁目)
1 渡嘉敷島阿波連海岸への米軍上陸 (阿波連)  4 波之上宮2 (那覇市若狭1丁目)
2 渡嘉敷島上陸後の進撃 5 旧那覇地方裁判所前 (那覇市久米2丁目)
3 渡嘉志久海岸の米軍 (渡嘉志久) 6 武徳殿1 (那覇市泉崎1丁目) 
4 渡嘉敷港 (渡嘉敷)    7 武徳殿2 (那覇市泉崎1丁目)
 座間味島 8 沖縄県庁前1 (那覇市泉崎1丁目) 
1 座間味島上陸1 (座間味村座間味) 9 沖縄県庁前2 (那覇市泉崎1丁目) 
2 座間味島上陸2 (座間味村座間味) 10 沖縄県営鉄道那覇停車場 (那覇市泉崎1丁目) 
3 座間味集落を通り抜け進撃する兵士 (座間味村座間味) 11 城岳攻撃 (那覇市松尾2丁目)  
4 座間味島米軍墓地 (座間味村座間味)  12 城岳(米軍名テレグラムヒル) (那覇市楚辺1丁目)
5 阿真集落を索敵中の米軍 (座間味村阿真)  13 那覇高校(県立第2中学校)前 (那覇市松尾1丁目) 
 阿嘉島 (座間味村阿嘉島)  14 南明治橋 (那覇市垣花町1丁目) 
1 阿嘉島上陸海岸  15 明治橋
2 阿嘉島 阿嘉集落東側  16 牧志高地 (那覇市牧志1丁目)
3 阿嘉上陸海岸での星条旗掲揚  17 奥武山地区1  
4 阿嘉島阿嘉集落  18 奥武山地区2 
5 阿嘉島上陸地点の状況  19 那覇教会 
6 阿嘉島上陸海岸 上陸状況  20 那覇刑務所
7 阿嘉島上陸海岸西端  21 
 慶留間島 (座間味村慶留間島)  22  
1 阿嘉島(野田山)から見た慶留間島   首里地区  
2 慶留間島上陸  1  西部130高地(米軍名チョコレートドロップ) (首里石嶺町)
3 慶留間島の上陸部隊  2  140高地(米軍名フラットトップ) (首里石嶺町2丁目)
 外地島 (座間味村外地島)  3  大名高地の戦闘 (首里大名町)   
1 外地島 上陸海岸  4  首里高校1 (那覇市首里真和志2丁目) 
2 外地島 高射砲陣地  5  首里高校2 (那覇市首里真和志2丁目) 
 伊江島 (国頭郡伊江村)  6  首里教会1 (首里当蔵町2丁目)
1 伊江島 アーニー・パイル記念碑  7  首里教会2 (首里当蔵町2丁目)
2 伊江島 洞窟陣地  8  首里赤田町 (首里赤田3丁目)
3 伊江島 進撃中の第307連隊兵士  9  首里城 龍潭池 (首里当蔵町1丁目)  
4 伊江島 伊江中学校  10 首里城 継世門 (撮影: 首里崎山町1丁目)  
5 伊江島 伊江中学校東門  11 首里城 木曳門 (首里城公園内)
6 伊江島 湧出地区  12 首里城から見た那覇市 (首里城公園内西のアザナ) 
7 伊江島 誘導路  13 首里弁ヶ岳南側地区 (南風原町新川)  
■  平安座島  14  首里末吉地区 (那覇市古島2丁目) 08年
1 平安座島での浜比嘉島上陸準備  15
■ 伊平屋島 (一括掲載)    16  
1 海兵隊の伊平屋島上陸1   与那原地区 
2 海兵隊の伊平屋島上陸2  1 軽便鉄道与那原駅 (島尻郡与那原町与那原)  
3 上陸中の海兵隊1            2 与那原市街地 (島尻郡与那原町与那原) 
4 上陸中の海兵隊2  3 与那原市北側道路 (島尻郡与那原町与那原)
5 上陸中の海兵隊3 
6  上陸中の海兵隊4   空から見た沖縄戦場 (米軍撮影航空写真との比較) 
7  上陸後の海兵隊歩兵部隊   制作中 
8  我喜屋集落での進撃  
9  上陸海岸1  
10  上陸海岸2  
11  上陸海岸3  
12  監視下の地元住民の方々  
13  移動する人々  
14  我喜屋からの避難  
15  現在の田名集落を歩く人々  
16  海岸線幹線道路1  
17  海岸線幹線道路2  
18  海岸線幹線道路3  
19  前泊地区の物資集積所  
20  泥からの脱出  
21  不時着した日本軍機とのスナップ写真1  
22  不時着した日本軍機とのスナップ写真2  
23  前泊集落から田名集落への道  
                      
ページの先頭にもどる                                                                  作成者 水ノ江 拓治 (みずのえ たくじ) 秋田県在住