古堅集落の進撃(中頭郡読谷村古堅)                    2008年11月撮影

                   
 写真の説明は 「読谷村古堅を通過する米海兵隊戦車」 とある。古堅は米海兵隊第1海兵師団第5連隊が上陸したイエロービーチ・ブルービーチから約1500m内陸に入った集落で、上陸後おそらく1日(上陸当日)には米軍が到達していたものと思われる。この付近には日本軍の陣地などは配備されておらず、米軍は抵抗を受けることなく内陸へ進撃できたと考えられる。したがって、艦砲射撃や航空攻撃などの上陸前準備射撃を逃れられた場合には地上戦闘で集落が破壊されることはほとんどなかったようである。
 当時の写真での道路の曲がる形状を米軍の航空写真内で探せば、同様の曲がりの形状を古堅集落の中に見つけることが出来る。しかしながら、戦後この地区は大きく造成されてニュータウン化されており、当時と同じ道路はほとんど現存していない。したがって、戦前の地図にこの道路の地点をマーキングして、現在の地図に重ね合わせたときの場所が現在の写真の場所となる。同じような道路の写真ではあるが、現在の写真では道路が区画整備されて直線(かつ奥は行き止まり)となっており、当時の道路とは全く異なっている。ただ撮影場所は同じであると思われる。