宮里空襲 (うるま市宮里)                      2007年11月撮影

 昭和20年4月2日撮影の 「燃える高江洲集落」 とされる写真である。4月2日は米軍上陸後2日目であり、まだ具志川付近まで進出していないことから進撃前の航空攻撃による炎上であると思われる。
 ただし、この場所は高江洲ではない。この場所は道路状況・地形などから宮里集落である。写真では炎上している部分の右が三叉路となっているが、この三叉路が現在の写真の三叉路である。現在の写真は一本道の方向から二股の方向を撮影した。現在この三叉路の付近は「中部病院」を中心として宅地化されており、当時の写真のようなのどかな農村風景とは全く異なっている。