長浜地区県道6号線 (中頭郡読谷村長浜)                   2007年11月撮影

 上陸海岸である嘉手納正面から本部半島や国頭地区に通じる道路は、米軍の重火器や大量の兵站資材等の搬送には非常に手狭なものであった。そのために上陸後に戦果を拡張するに従って、大量の建設資材や機械力を投入して補給艦船の整備拡張を図った。その機械力は凄まじく、山中から監視する日本兵もその圧倒的な機械力には舌を巻いたという。
 この海岸線を走る道路も写真のように機械力を投入して道路の拡張を図っているところであろうか。拡張された道路は現在もそのまま使用されているようで、このように戦中から戦後にかけて米軍によって拡張整備された道路が沖縄での現在の幹線道路となっている所が多い。