那覇市波之上宮2 (那覇市若狭1)                      2006年11月撮影


 同じく波之上宮の写真であるが、波之上宮の鳥居は写真の左側の方向になる。「官幣社波上宮」の石柱は前ページの写真でも確認できる。戦時下の写真は雰囲気からしてこの地区の戦闘が終結した後、かなり時間が経過したものだと思われる。この石柱は写真からもわかるとおり、戦時下のものがそのまま残されている。戦時下の写真を見ると砲弾・銃弾によりかなりの部分が欠損しているが、その部分は後年コンクリートで修復され(右の写真)、土台もアスファルト化されたために一番下の部分がそのまま埋め込まれてるが、土台の石垣の部分もそのまま使用されている。現在の市街地で当時の面影を知ることの出来る貴重な戦跡となってる。