小禄 海兵隊上陸海岸 (那覇市鏡水)                      2007年11月撮影

 6月4日0600から第6海兵師団第4海兵連隊・第29海兵連隊は小禄半島北部に上陸を開始した。先遣部隊は第4海兵連隊第2大隊であったが、日米両軍の公刊戦史を見る限りも交戦の記録はなく、概ね平穏な上陸であったと思われる。1000までには戦車部隊も上陸を完了し、概ね小禄半島への橋頭堡の獲得は成功したものと判断される。
 写真はその第4海兵連隊第2大隊であると思われる。現在この場所は埋め立てられており旧那覇空港のターミナル地区となっている。米軍の航空偵察写真などから撮影場所はほぼ同一地点だと思われる。当時の写真にみられる左側の岩礁は現在駐車場など各種施設になっているために、頂上部などが削られて低くなった。この一連の岩礁の一番奥が崎原灯台となる。