県立第一中学校(首里高校)2 (那覇市首里真和志町2)            2009年11月撮影
   
 前出の「県立第一中学校(首里高校)1」の写真より前に撮影されたであろうと思われる。 5月29日の首里城内への最初の突入は第5海兵連隊第1大隊A中隊が行っているが、この中隊は突入後直ちに第1海兵連隊第3大隊と入れ替わり、この第3大隊が首里城内の守備を固めている。 さらに首里城の北側及び城外の守備は、第1海兵連隊第1大隊A・B中隊を投入して担任させた。 したがって、5月29日に首里城外で実際に索敵などの行動を行ったのは、この第1海兵連隊第1大隊A・B中隊となる。 おそらくその索敵時にカメラマンが随伴して撮影したものであろう。
 写真は現在の首里高校グランドを北側下から撮影したもので、当時はこの崖の上に県立第一中学校の校舎が建っていた。 なお、県立第一中学校の学生は学徒隊として編成され、第5砲兵司令部・独立測地第1中隊・野戦重砲兵第1連隊・独立重砲兵第100大隊・独立工兵第66大隊・電信第36連隊に配属された。 その総員は398名であるが、うち193名が死亡している。