首里赤田 (那覇市首里赤田3丁目)                      2007年11月撮影

 この写真はだいぶ以前から興味を持っていて、何度もその撮影場所の特定に努めてきたが、何年かかっても解明することが出来なかった写真の一枚である。地形の特徴から沢岻高地や経塚周辺、石嶺地区などを探し求めたがついに特定は出来ず、最近は諦めて解明の努力を怠っていた。ところが当HPを見ていただいた、沖縄在住の伊佐真光さんから 「小さい頃この風景を見て育った懐かしい写真です」 というメールがこの写真付きで送られてきたのである。そしてその場所に実際に立ってみると、道路は大きく拡張され、背景の丘や谷はいくつもの近代的な建築物が建ち並んでいるものの、道路の形状や背後の三角形の丘などは当時の写真のとおりであることが判明した。
 当時の写真では日本軍戦車が破壊されて道路から外れているが、伊佐さんの聞いたところでは米軍の通行に支障をきたすために路上の戦車を崖下に落としたものであるとのことであった。おそらく戦車第27連隊の所属戦車であろうが、日本軍側にはこの地区への戦車部隊の投入の記録はない。場所は沖縄自動車道那覇 IC から首里城の方向へ登ってくる県道82号線の途上である。