高江洲歯科医院 (具志川市喜屋武)                      2005年12月撮影

 
昭和20年4月1日に米軍は嘉手納正面の海岸一帯への上陸後、4月3日頃に具志川市付近に到達している。当時、具志川市付近には米軍に対峙すべき部隊はほとんどなく、特設第1連隊(北・中飛行場の建設及び航空機の補給整備にあたる部隊を中心とした)などが石川方面に後退するために通過して行った。そのため市街戦による徹底した破壊からはある程度免れることが出来たようである。写真はむしろ終戦後の様相を感じさせるが、おそらく接収した歯科医院を指揮所として使用しているところであると思われる。家人の方にお聞きしたところ、現在の場所は戦時中の場所から変わることなく、左にあった家屋はなくなってその場所に門を作ったということであった。

2007年11月に訪れた際には、病院を改築されたようで2005年の写真とはまた違った風景になっている。右の写真が2007年撮影のものである。