泊小学校西側地区 (那覇市泊2)                      2006年11月撮影

 この写真は、那覇市の泊小学校付近での海兵隊の索敵行動だと思われる一枚で、撮影が「5月」とされているが細部が不明である。戦時下の写真で左端に写っている鉄筋の建物が泊小学校旧校舎で、現在の写真では左端奥のベージュの建物が泊小学校校舎となる。ただし現在の校舎は以前の校舎の位置と若干異なっているために同じ角度で撮影はされていない。
  現在の写真の中央左に電柱があるが、この付近から右に当時は空き地があり、そこから戦車を先頭に海兵隊員が随行していたと推定する。昭和20年1月撮影の航空写真から見る限り、戦時下の写真と一致する場所はこの一箇所であり、小学校敷地からの距離を現在の地図に当てはめて割り出したが、道路の取付が当時と変わっているため、若干の違いがあるかもしれない。 現在この地区は住宅街となり戦時下の面影はほとんどない。同じ位置に立って撮影すると、まったく家屋だけの写真になるために、現在の校舎を画角に入れて後方から撮影している。