与那原市街地 (島尻郡与那原町与那原)                     2007年11月撮影

 前出の 「軽便鉄道与那原駅」 に出てくる 「スプルースヒル」 から与那原市街地を撮影したものである。5月22日未明に第184連隊G中隊がこの高地を占領する以前から、与那原は米軍砲兵部隊の徹底した砲撃を受けており、市街地は焼け野原となってほぼ壊滅状態となっていた。撮影時期は不明であるが、写真には戦闘車両が見えないため、前線が南下した頃の5月下旬頃だと思われる。
 当時の写真には沖縄電気鉄道(軽便鉄道)の軌道が見えており、写真を右の方へゆくと与那原駅となる。撮影場所はほぼ同じ場所であるが、同じアングルにすると植生が画角の半分以上を占めるので、敢えて上向きに撮影している。写真を比較すると現在の写真には海が見当たらないが、これは近年与那原沿岸を大規模な埋め立て工事を行ったためで、工事は現在も進行中である。