座間味島 座間味集落を通り抜け進撃する兵士 (座間味島座間味)              2006年11月撮影

 座間味集落正面に上陸した第305連隊第1大隊主力(推定2個中隊)は、座間味集落を占領後3つの部隊に別れて内陸部へ進撃した。写真はそのひとつが高月山(座間味集落の北東部)に向けて進撃している状況であると思われる。兵士は執銃しつつ前方警戒を行いながら進撃している様相ではないことから、どうやら第一線ではなく後続の部隊であり、時間的には昼前ではないかと考える。
  写真では海上に安慶名敷島、遠くに阿嘉島が見え、海の手前に見える集落が座間味集落となる。現在は手前の畑に小学校が建設され遠望がきかなくなってはいるものの、集落や畑の畦などは当時のままのようである。兵士の歩いている道は当時高月山に登る道であったようだが、現在は廃道となりこの先で行き止まりとなっている。撮影ポイントもほぼ確定出来たのだが、全くの密林となっておりその場に立つことも困難であった。したがって、現在の写真の撮影ポイントは最後尾の兵士の位置から右に約5m付近であると思われる。